東京のクリニックでも実施されている毛穴治療

毛穴が開いているとメイクをしても目立ってしまいますし、そこに角栓が詰まると余計に広がって肌が汚く見えます。角栓は表皮の角質が古くなって皮脂と混ざり合うことでできますが、一度詰まると洗ったくらいでは落ちません。セルフケアで落とせなくなったら、クリニックで治療を受けることも検討する必要があります。東京にも美容系のクリニックはたくさんあり、毛穴治療に力を入れているところもすぐに見つかります。

東京ではクリニックの軒数も多いので、まずは評判の良いところをリサーチするのがお勧めです。実際に東京のクリニックで毛穴治療を受ける場合、その症状によっても選ぶ方法が異なります。例えば、短くて黒い毛が生えていることが原因の場合には、レーザー脱毛を行うことで解決できます。角栓が原因になっていたら、それを剥がして肌の新陳代謝を促すケミカルピーリングが適しており、コラーゲンの産生を促す施術も効果的です。

他にも、詰まっている皮脂や汚れを取り除くためにディープクレンジングが行われることがあります。皮脂の過剰分泌により毛穴が開いてしまったら、肌に極小の無数の穴をあけて新たな肌細胞を作るように促すCO2フラクショナルレーザーやダーマペンが効果的です。皮脂の分泌が活発な状態を改善しないとまた同じ症状を繰り返してしまいますので、皮脂腺の働きをコントロールして毛穴を引き締めるイオン導入もセットで行うのがお勧めです。また、たるみ肌が原因のケースでは、ハイフによってたるみ解消を試みます。

Filed under: 毛穴, 治療, 美容Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website